1. HOME
  2. 買取品目
  3. 骨董品・古雑貨
  4. 香木

骨董品・古雑貨

Antiques

骨董品・古雑貨

香木

香木鑑定士

海亀堂は香木の専門家である鑑定士が在籍しており、その鑑定士のみが香木に携わる業務をおこなっております。
各分野の鑑定士の仕事の中でも、究極の鑑定に位置付けられ、豊富な知識と経験が必要になります。
香木の買取査定から真贋鑑定、評価判定、研究機関との共同研究など様々な分野で活躍しております。

香木の種類

大きく分類して「伽羅(きゃら)」「沈香(じんこう)」「白檀(びゃくだん)」に分類されます。
香道の対象とする香は沈香で、沈香の香りの微細な違いを鑑賞するのが香道の極みとされています。
香道では産地(木所)と味(香り)によって分類され、六国五味といって6つの産地と5つの香りで分類されます。

六国とは
・伽羅(ベトナム産)
・羅国(タイ産)
・真那加(マラッカ産)
・真南蛮(インド マラバル産)
・寸聞多羅(インドネシア スマトラ産)
・佐曽羅(インド サッソール産)

五味とは
・辛(カライ)
・甘(アマイ)
・酸(スッパイ)
・苦(ニガイ)
・鹹(シオカライ)

香道用六国シリーズ

香木の価値

香木は産地や種類、質感や重量、香りのバランスなどで評価されます。
また、品質の高い香木になると金の価値の何倍にもなるものもあり、それだけ高価になると贋物や加工品が存在します。1グラム当たりの単価が十数円~数万円と安価なものから、高額なものまであります。

香木の価値は一概に言えないので、専門家ではない方には評価が非常に難しい品目です。
そのため、専門家に評価してもらった方が賢明です。

香木には栽培品や贋物・加工品がある

天然の良質な香木が形成されるまで数十年から数百年と時間がかかるため、非常に時間がかかってしまいます。
そのため近年では栽培し、数年で出荷する栽培品の生産も行われています。こちらは樹脂量も少なく線香やオイル抽出に加工する香木となります。

価格は安価であり、市場にはたくさん流通している香木の種類になります。このような香木は栽培沈香と分類されます。

また、厄介な贋物として、安価な香木に科学的な薬剤で着色や香りづけしたものや、香木内部に鉛や金属を仕込み重量を増しているものも確認されています。

プロも騙されそうになることもあるようです。
加工品と呼ばれるものは栽培沈香に香油オイルを染み込ませ香り付けしたり、栽培時に木に穴をあけ、そこに香油オイルを流し込み、香り付けしたものなどがあります。もともと安価な香木ですので、天然品に比べたら大きな差があるのは一目瞭然です。

一般的に海外で販売されている香木のほとんどはこの類になりますので、安易に購入しない方が良いかと思います。良質の香木は一般的な販売ルートでは入手することは難しいでしょう。

栽培品例

栽培品例

贋物品例1

贋物品例1

贋物品例2

贋物品例2

海亀堂の香木研究

海亀堂はベトナム南部や中部の管理農場にて香木の栽培研究をおこなっています。
現在では、自生して約40年~50年ほどの天然アガーウッドや植樹によって生育したアガーウッドなどを管理しており、研究機関と連携しながら香木メカニズムの解明に向け日々研究しております。

鑑定士による現地視察

自生25年のアガーウッド

自生30年のアガーウッド

自然のバナナも自生

海亀堂の香木買取

海亀堂は香木の買取をさせていただきます。小さなものから塊まで買取可能です。
事前に香木の画像や情報がありますとスムーズな査定が可能となりますので、可能な限りの情報をお伝えください。

当店では画像だけでの査定は行いません。必ず現物の確認、香りの確認をします。その際に少量を削らせていただきますことをご了承ください。重量が変わるほど削りませんのでご安心ください。

お買取できるもの

伽羅

伽羅

沈香

沈香

白檀

白檀

お買取できないもの

栽培品

栽培品

細工品

細工品

贋物

贋物